0120-57-8118

見積り無料

24時間受付中

お問い合わせ

一戸建て・リフォーム

HOUSE RENOVATION

house renovation

一戸建てリフォーム

中古の一戸建てを買ってリフォームする方が増えています。一戸建ては、マンションのような管理規約がない為、外観やアプローチも自由なプランでリフォームプランを立てられます。また他の世帯と接していないため、防音にそれほど神経質になる必要もありません。ただし一戸建てをリフォームする際は、構造を正確に把握することが重要です。一戸建ての構造は、木造・鉄骨(S)造、鉄筋コンクリート(RC)造の大きく3つに分かれています。

木造は従来工法。ハウスメーカーはツーバイフォー(2×4)工法や木質系パネル工法。鉄骨造は重量鉄骨、軽量鉄骨。鉄筋コンクリート(RC)造はラーメン構造と壁式構造。構造によってリフォームでできること・できないことがあるのです。

Correspond to everything!

全ての一戸建てリフォームに対応!

2×4リフォーム

ハウスメーカーリフォーム

2世帯リフォーム

鉄筋コンクリートリフォーム

鉄骨造リフォーム

3階建てリフォーム

CASE

一戸建てリフォーム事例

一戸建てリフォームについて

マンションリフォームの間取変更について
ライフスタイルの変化に合わせた間取り変更のほか、入居前のリフォームを前提に中古マンションを購入しリフォームするケースもあるでしょう。スケルトンリフォームによるリノベーションなら、間取りも自由、設備も全て自由にプランできます。
収納を増やして室内をすっきり
マンションの収納は、大きさだけではなく、場所や出し入れのしやすさ・使いやすさを重視したプランニングが需要です。マンションには梁や構造壁といった撤去できない部分を収納の内部に組み込むことで室内がすっきりとします。

一戸建てリフォームの注意点

玄関のリフォーム
玄関の外側(ローカ部分)は共用部のため、塗装や扉の交換はできません。扉の内側は専有部分となるので、自由に塗装したり、シートを貼るといったことが可能です。
窓まわりのリフォーム
マンションのサッシ窓も共用部分にあたりますのでこちらも交換はできません。ただ建物が古い場合など、同じ仕様でサッシのみ新調するといったことが可能な場合もあります。詳しくは管理組合にご相談ください。又、二重サッシなどの場合は、室内側に設置しますので、リフォーム可能です。

一戸建てリフォームの工事の注意点

共用部分への配慮
工事前には必ず、搬入路となるエレベーターやエントランス、廊下の養生をいたします。近隣への配慮もいたしております。
管理組合への届出と近隣挨拶
工事に入る前には必ず、管理組合へ工事内容の確認、近隣住民の方々への挨拶を行います。また床の防音工事、サッシの変更、床暖房の設置、インターホンの移動といった工事は、必ず管理組合への届け出が必要になります。

reFORM 対応エリア

[ 大阪府 対応エリア ]

大阪市(中央区、旭区、城東区、鶴見区、浪速区、西成区、都島区、福島区、此花区、西区、港区、大正区、西淀川区、東淀川区、淀川区、北区、王寺区、生野区、東成区、東住吉区、阿倍野区、住之江区、平野区、住吉区)高槻市、東大阪市、池田市、茨木市、交野市、門真市、四條畷市、吹田市、摂津市、大東市、豊中市、寝屋川市、枚方市、箕面市、守口市、八尾市、島本町